トップ>一般の皆さま
 
 
 
  こんな事故が
    起こっています!
 
 
 
  
 
映像教材
 
 
一般の皆さま
 
 

身のまわりにある洗剤、化粧品、殺虫剤、医薬品、園芸用品などはすべて、中毒事故の原因となる物質です。
子どもは「はいはい」や「伝い歩き」をするようになると、手に触れたものを何でも口に入れるようになります。生後6ヵ月〜2歳頃はもっとも中毒事故に注意が必要です。また、最近は高齢者の中毒事故も増えています。
 
ここでは、中毒事故が起こったときの応急手当とともに、事故の予防方法についてもご紹介します。
身近な中毒事故をみんなで防ぎましょう!

中毒事故が起こり、受診の必要性や応急手当がわからないときは中毒110番にご相談ください。

一般専用 (情報提供料:無料)
  ■大阪中毒110番 (24時間対応)   072-727-2499
  ■つくば中毒110番(9時〜21時対応) 029-852-9999
 
 


 
実際に起こっている中毒事故事例を紹介します。中毒事故を防止するためには、どんな事故が起こりうるのかを知っておくことが大切です。
 
 
 
どのような事故が起こるのか、どうしたら防げるのかを、「発生状況確認ゲーム」や「中毒事故防止チェックリスト」とともにご紹介します。
 

 
中毒110番の利用方法・対象についてはこちらをご覧ください。
 
 
 

 
家庭で起こりやすい事故を映像でわかりやすく紹介しています。中毒に関する勉強会などにも、是非ご活用ください。
 
 
事故が起こったときに家庭でできること、やってはいけないことを、中毒110番への問い合わせが多い化学製品の情報とあわせて紹介します
 

 
皆様から賜りました貴重な寄附金は、中毒110番の運営費の一部として有効に活用させて頂きます。
 
 
公益財団法人 日本中毒情報センター
Copyright(C)2014 Japan Poison Information Center. All Rights Reserved.