トップ一般の皆さまこんな事故が起こっています>加熱式たばこ
 
 
 
  こんな事故が
    起こっています!
 
 
 
  
 
映像教材
 
 
加熱式たばこによる誤飲事故
 
 
 
加熱式たばこは、たばこの葉や液体の入ったカートリッジを専用の加熱式器具にセットし、電気的に加熱して発生した蒸気を吸引して使用します。
多くは子どもの誤飲事故で、使用前のものを箱から出したり、使用後にゴミ箱に捨てていたものを取り出して口に入れる事故が発生しています。そのほか、使用後のカートリッジを浸した水やお茶などを成人が誤飲する事故も発生しています。


 
誤飲事故を防ぐために
 
  ◆使用前のたばこは子どもの手の届かない場所に保管する。
 
  ◆使用後はすぐに、子どもの手の届かない場所へ片付ける。
 
  ◆使用後のカートリッジを飲料の缶やペットボトルに入れない。
 
      
 


  家庭内での中毒事故防止チェックリスト
    このリストは家庭内での中毒の危険度をチェックするものです。
    あなたの家庭では、リストの項目のうちいくつを実行できていますか? 
 子ども編 チェックリスト (PDF ファイル)
 成人編/高齢者編 チェックリスト (PDF ファイル)
   
 
公益財団法人 日本中毒情報センター
Copyright(C)2015 Japan Poison Information Center. All Rights Reserved.