トップ一般の皆さまこんな事故が起こっています>防水スプレー
 
 
 
  こんな事故が
    起こっています!
 
 
 
  
 
映像教材
 
 
防水スプレーを使用中の事故
 
 
事例1室内で雨具、ウインドブレーカー、リュックサックに防水スプレーを大量にスプレーし、吸い込んだ。(50代男性)
事例2玄関でブーツの手入れのために皮革用の防水スプレーを1本使用した。1時間経ってから、息苦しさが出現した。(40代女性)
事例3締め切った車庫の中でスキーウェアに防水スプレーを使用した。新品を2缶使い切り、息苦しくなった。(40代男性)
事例4屋外で防水スプレーを2〜3分ほど使用した。風上にいたが、吸い込んでしまった。(30代女性)
事例5玄関で窓を開けながら防水スプレーを使用した。スプレーした際に風が吹き込み、使用した母親とそばにいた子どもが数秒間吸い込んでしまった。(1歳、成人女性)
 
玄関や室内、浴室などの屋内や自動車の車内など、換気の悪い場所で防水スプレーを使用し、細かい霧状の粒子を吸い込む事故が発生しています。特に一度にたくさん使用した場合には、大量に吸い込むことがあります。
屋外で使用した場合にも、風向きによって吸い込んだ事故が起こっています。また、使用した本人だけでなく、近くにいた人が吸い込んでしまうこともあります。


 
中毒事故を防ぐために
 
  ◆使用前に製品表示、特に使用方法や使用上の注意をよく読む。
 
  ◆必ず屋外で使用する。屋内や車内では絶対に使用しない。
 
  ◆使用する際には必ずマスクを着用し、風下にならないよう注意する。
 
  ◆一度に大量に使用しない。
 
  ◆周囲に人がいないことを確認してから使用する。
 
 


最新の事故件数等は、ニュース欄 防水スプレーを吸い込む事故に注意しましょう! をご覧ください。
 


  家庭内での中毒事故防止チェックリスト
    このリストは家庭内での中毒の危険度をチェックするものです。
    あなたの家庭では、リストの項目のうちいくつを実行できていますか? 
 子ども編 チェックリスト (PDF ファイル)
 成人編/高齢者編 チェックリスト (PDF ファイル)
   
 
公益財団法人 日本中毒情報センター
Copyright(C)2015 Japan Poison Information Center. All Rights Reserved.