トップ医療従事者の皆さま症例収集症例登録のご案内>症例登録の方法
 
 
 
 
症例収集
 
 
 
  
 
6
急性中毒症例登録の方法
 
急性中毒症例調査用紙のダウンロードはこちらから!
 
 急性中毒症例調査用紙にご記入のうえ、日本中毒情報センターにお送りください。
  
 日本中毒情報センター中毒110番にお電話で問い合わせを頂いた場合
 後ほど急性中毒症例調査用紙を郵送でお送り致しますので、ご記入のうえ、添付の返信用封筒で
ご返送ください。追って受領のご連絡を致します。
  
 上記以外の場合
 @下記の急性中毒症例調査用紙(PDFファイル)をダウンロードしてください。
   PDFファイルのアイコンにカーソルを合わせて、右クリックで「対象をファイルに保存」してください。
A急性中毒症例調査用紙を印刷し、ご記入のうえ、日本中毒情報センターまでお送りください。
   送付先 公益財団法人日本中毒情報センター 症例収集担当
          〒562-0036 大阪府箕面市船場西2-2-1 ニューエリモビル
          電話:072-726-9927、FAX:072-726-9929
          e-mail:poisoncase@j-poison-ic.or.jp (@を半角の@に変えてご利用ください)
B後ほど受領のご連絡を致します。
 
 急性中毒症例調査用紙や返信用封筒をあらかじめお送りし、順次お使い頂くことも可能です。
事務局までご一報ください。
 急性中毒症例調査用紙の記入・返送[用紙版]以外に、インターネットを介した入力[web版]、スタンドアローン型データベースへの入力・返送[Microsoft Access版]もご利用頂けます。詳しくは事務局までお尋ねください。
 
  入院加療を要さない症例用(無症状例含む)
    急性中毒症例調査用紙(基本調査)
 
  入院加療を要した症例用   
    急性中毒症例調査用紙(基本調査+詳細調査)
 
 入院加療を要した症例のうち、下記18物質群による中毒に関しては、 物質別に調査項目を絞り込んだ「物質別急性中毒症例調査用紙」がございますので、担当までご一報ください。
 
医薬品
農薬
自然毒
工業用品
ドラッグ類
:アセトアミノフェン、サリチル酸、カフェイン、三環系抗うつ薬、ブロモバレリル尿素
:有機リン、パラコート(ジクワット)、グルホシネート(ビアラホス)、グリホサート
:トリカブト、コルヒチン、テトロドトキシン
:メチルアルコール、エチレングリコール、フッ化水素
:幻覚性アンフェタミン類、幻覚性トリプタミン類、亜硝酸エステル類


Copyright(C)2014 Japan Poison Information Center. All Rights Reserved.