トップニュース欄一酸化炭素201611
 
一酸化炭素による中毒事故について
 
2016年11月22日
 
新聞報道によると、2016年11月19日(土)午前11時45分頃、長崎県長崎市のトンネル内で補修工事をしていた男性作業員4人が酸欠のような状態となり、病院に搬送されましたが1名が死亡する事故が発生しました。
消防によると作業員を救出する際、坑内で約700ppmの一酸化炭素が検知されたとのことです。事故当時、坑内ではガソリン式発電機が稼動しており、発生した一酸化炭素による中毒とみられています。



 以下は当センターが作成した一酸化炭素に関する資料です。

 一酸化炭素 (医師向け中毒情報) 概要版
 
 
Copyright(C)2014 Japan Poison Information Center. All Rights Reserved.