トップ月別受信速報>201312
 
 
【12月の話題】
1)速乾性手指消毒剤について
 速乾性手指消毒剤とは手指や皮膚の消毒を目的とした製品で、直接手に取り擦り込むタイプ、ガーゼや清浄綿に浸して拭くタイプ、あらかじめ薬液が含浸されたシートをそのまま使用するタイプなどがあります。医療施設や高齢者施設でよく使われていますが、インフルエンザの流行などにより、最近では家庭でも広く使用されるようになりました。子どもや認知症の高齢者が誤って飲んだり、眼に入ったりする事故が発生しています。
 エチルアルコールを配合している製品が多く、誤飲したり眼に入ると刺激がありますので注意が必要です。家庭での設置場所や取扱いには十分に気をつけましょう。

参考資料:中毒情報データベース 速乾性手指消毒剤



2)マラチオンについて
 年末年始にかけ農薬のマラチオンに関する新聞報道等があり、大きな騒動になりました。国内工場で製造された冷凍食品からマラチオンが検出され、同工場で製造された商品の自主回収が行われています。日本中毒情報センターでも、一般生活者、医療機関、行政等から今回のマラチオンに関連する問い合わせを受けています。
 マラチオンは有機リン系殺虫剤で、中毒症状は、吐き気・嘔吐、下痢、腹痛、唾液分泌過多、発汗、縮瞳などがあります。回収対象商品を食べて何らかの症状が出現している場合には、医療機関を受診するようにしましょう。

 参考資料:当センターで作成した医療従事者向け資料 有機リン剤



【中毒110番 12月の受信件数 速報】


                                           (2014年1月31日掲載)

    【月別受信速報】へ戻る
 
Copyright(C)2014 Japan Poison Information Center. All Rights Reserved.