トップ月別受信速報>201505-2
 
【5月の話題】 A

ヘアシャンプーについて
日本中毒情報センターでは、ヘアシャンプーについて年間150件程度の問い合わせを受けています。
子どものいたずらによる事故のほか、認知症の高齢者が多く飲んでしまうこともあります。
ヘアシャンプーの主成分は界面活性剤で、飲み込むと悪心、嘔吐、下痢などの症状が出現する可能性があります。
子どもがいたずらしないように注意し、認知症の高齢者がいる家庭や施設では保管場所等に気をつけましょう。


参考資料:中毒情報データベース シャンプー



       

                                           (2015年6月15日掲載)

    【月別受信速報】へ戻る
 
公益財団法人 日本中毒情報センター
Copyright(C)2015 Japan Poison Information Center. All Rights Reserved.