トップ月別受信速報>201409
 
 【9月の話題】
1)新しいタイプのトイレ用洗剤・芳香剤について
便器の内側に薬剤を貼り付けるタイプのトイレ用洗剤・芳香剤に関する日本中毒情報センターへの相談件数が、近年増加しています。
親が目を離したすきに子どもがトイレに入り、便器の内側に使用中の薬剤を手につけて、口に入れてしまったという事故で、2013年は200件を超える問い合わせがありました。

小さい子どものいる家庭では、勝手にトイレに入っていたずらしないように気をつけましょう。
万が一、洗剤を口に入れてしまった場合には中毒110番にご相談ください。



2)ゴケグモ類について
新聞報道等によると、本来、日本に生息しないと思われていたゴケグモ類が西日本だけでなく東京都や埼玉県でも発見されたとのことです。
攻撃性はありませんが、触ると咬まれることがあり、局所の痛み、熱感、腫れなどがみられます。
ゴケグモ類はプランターの底、エアコンの室外機の裏などに生息していますが、屋外に置いていた傘などに付着して室内に持ち込まれる可能性もあります。
もし見つけても素手で捕まえたり、触ったりせず、咬まれた場合はすみやかに医療機関を受診しましょう。


参考資料:中毒情報データベース ゴケグモ類


【中毒110番 9月の受信件数 速報】
   

*速報データのため確定値ではありません
                                           (2014年10月23日掲載、2014年12月19日改訂)

    【月別受信速報】へ戻る

 
Copyright(C)2014 Japan Poison Information Center. All Rights Reserved.